巷で人気の海外不動産投資する方法|失敗しにくいから安心

男女

観光業の恩恵を受けよう

つみきとお金

外国人旅行者数は今後もしばらく伸び続けると予想されています。観光業の盛り上がりを享受したいと考えているのであれば、ビジネスホテルやリゾートホテル、旅館等で運用をしている上場不動産投資信託に投資してみましょう。

不動産投資で大事な収益率

スーツの人

マンション経営をする場合、大阪では環状線の内側を探せば収益物件が見つけやすいです。入居者のターゲットによって物件の探し方も変わります。サラリーマン相手なら電車の沿線沿いが定番です。価格の高すぎる物件はローンの支払いも多くなるので収益率が下がります。なるべくローンの支払いが少ない物件を探します。

中古物件を高値で取引

家の模型と紙幣

海外でも人気になっている

最近巷で人気になっているのが海外不動産投資です。日本では十数年前からメジャーになっている不動産投資ですが、海外でも同様の傾向があります。しかし日本と異なる面もあるため、実際に海外不動産投資を行う際には注意も必要になります。日本では一般的に新築物件が主流になります。そして築年数が経過すると需要が低下いあするのが一般的になっています。そして一戸建てよりマンションが人気があるのです。しかし海外不動産は異なります。投資対象は主に一戸建て物件となります。そして、築年数が経過しても立派な不動産投資の対象となるのです。日本と異なり住宅がいたみにくいなどの特徴があり、築年数が経過した物件は古き良き物件として重宝される風習があります。

日本と異なる特徴

そのため海外不動産投資の際には、中古物件を中心にある買うケースが多くなっているのです。実際に投資を行う際には、海外居住者でも参加できるかどうかを考慮することも大事なポイントになります。アメリカなどでは、日本に居住していても行う事ができます。そのため、実際に現地に行かずに物件を購入して運用することも可能なのです。もちろん一度は物件を確認しておくことも大事なのですが、数件の不動産を運用している場合には、物件を目視することはしないケースもあります。需要がある地域も異なります。日本では大都市圏に集中するのですが、他の国では必ずしも大都市とは限らないのです。戸建て住宅は、マンションと異なる需要を持っている事を認識する必要があります。

今のうちに備えよう

集合住宅

投資用マンションを保有することでインフレーション対策をすることができます。現金や国債など、物価が上昇しても元本が変わらない金融商品を保有しているのであれば、その一部を投資用マンションに振り替えておきましょう。