巷で人気の海外不動産投資する方法|失敗しにくいから安心

セーブマネーボックス

今のうちに備えよう

集合住宅

物価が上昇します

中央銀行がインフレターゲットを定めて金融政策を積極的に行っているため、今後しばらくはインフレーションが続くものと予想されています。インフレーションが起きれば、給料も上がりますが物価も上昇します。一方で、現金や国債などの実質的な価値は目減りしていくことになります。インフレーションが起きている時期における資産運用において重要なことは、利回りが高い商品に投資をすることよりも元本そのものが大きくなっていく投資商品を保有することです。インフレーションに順応した投資商品としてポピュラーなものが株式となります。しかし、株式は価格変動が大きく、また、財務状況などをしっかりとチェックしておかなければ、逆に元本を大きく棄損させてしまう恐れがあります。

リスクを抑えよう

投資初心者が株式に投資をする場合にはそれなりのリスクをとる必要があります。もっとリスクを抑えて、インフレーション対策をしたいと考えているのであれば投資用マンションがお勧めです。投資用マンションのような不動産はインフレーションとともに価格が上昇していきます。また、入居者がいる限り、安定的な収入を得ることができます。投資用マンションを保有することで安定収入を確保しながら、インフレーション対策ができるというわけです。現在、投資用マンションの価格はじわじわと上昇してきています。しかし、今後、インフレーションが起こるという前提にたてば、まだまだ割高とはいえません。早いうちに投資用マンションを保有し、来るべきインフレーションに備えましょう。